資産運用・投資

公務員の賢い節約術〜保険料、電気料の見直しで収入アップ

公務員の賢い節約術〜保険料、電気料の見直しで収入アップ

公務員が副収入(お小遣いなど)家計の収入アップを行うための大事なことが今の自動車保険や火災保険、電気契約などの支出を見直すことで簡単に年間でお金を節約するして収入につなげることが可能です。

公務員の職場には保険のセールスレディさんなど営業の方がよく来ることが多く、そのついでに保険の契約をしてしまうかたも少なくありません。

ですが、現在は大手のネット系のサービスを含めてサービスの競争が増えてきているため、毎月支払っている保険などの支出を見直してみるだけでも、年間に数万円から10万円くらいの節約ができることがあります

色々なサービスがあることをしっかりと知っておいて、できるだけ自分にあった最適なサービスを見つけることが重要です。

一括見積もりを使って自動車保険の見直しをする。

自動車保険を見直すと、年間で大きく節約ができる可能性があります。

ここでは一括見積もりで保険の見直すことのメリット・デメリットを解説していきます。

自動車を運転する場合、必ず必要になるが運転免許と自動車保険です。

万が一、車が止まったり、事故を起こした場合に頼りになるが自動車保険のですが、毎月の固定費になるので、できる限り安くしたいですよね。

一括見積もりは最大20社もの比較ができる インズウェブがお勧めです。

その理由として

  • 利用者が900万人を突破
  • SBIホールディングスが運営している
  • 顧客満足度93%の実績

保険の見直しの比較・検討する事が前提のサイトですので見積もりを依頼したからといって契約する必要もありません。

それでもインズウェブで保険の見直しをしたら3万円〜5万円ほど節約できる結果を提示された方もいます

もちろん無料ですし、お手元に車検証、現在の保険の内容を揃えておけば必要項目の入力も5分程度で完了します。忙しくて保険会社にいく時間がない方でも利用できて便利です。

ただデメリットはメールマガジンが届くようになる事です。

もちろんメルマガ解除もできますので頻繁にメールが届き出す前にメルマガ解除をするか、サブのアドレスなど使って利用すると良いでしょう。

一括見積もりサイト

実際に保険のFP相談員に無料で生命・医療保険を相談できるサービス

ウェブサイトのみで保険の見積もりを出すことが可能ですが、生命保険や医療保険などはサービスと価格を含めて、FP(ファイナンシャルプランナー)に無料で相談できるサービスがあります。

中でも業界大手の「保険見直しラボ」では業界10年以上の相談員と30社以上の大手の保険会社での一括比較が可能です。

要点まとめ

●業界経験のある相談員が在籍

●相談は無料で、自宅や会社の近くなど指定場所で相談が可能

●大手保険会社を含めた30社以上の保険会社で比較ができる。

●相談を受けても無理に契約する必要なし。納得できるまで話が可能。

保険見直しラボ

一括見積もりを使って火災保険の見直しをする。

火災保険も必要不可欠な保険です。

自動車保険と同じように一括見積もりで見直しをして節約が可能です。

アユ
アユ
火災保険も今や重要な保険の一つ。 お手持ちの保険と一度見直しをしてみるのもいいと思うわ。

上記で紹介したインズウェブは火災保険の一括見積もりも無料で出来ます。

毎年、かかってくる固定費なので少しでも安くなれば家計に優しいですよね。

またマンションや新築を購入するとローン会社と提携している火災保険に加入を勧められます。比較せずに加入すると高いものもあり用心が必要です。

インズウェブなら最大16社の保険会社の火災保険を比較が出来ます。(2019年7月現在)

保険会社はテレビCMもあるZURICH(チューリッヒ)や損保ジャパン、三井住友海上など大手保険会社もあり安心感がもてます。

火災保険も必要項目は最短3分ほどで入力でき各保険会社がご希望に沿った見積もりを提示してくれます。

ダイスケ
ダイスケ

新築なので地震保険も合わせて加入したい」「満期になって火災保険に入り直したい」などのもちろん細かい要望がある場合も相談可能です。

一度比較・検討されてみてはいががでしょうか。

 

一括見積もりを使った電気料金の見直しをする。

自動車・火災保険で一括見積もりが可能なサイトがあり電気料金も見直す事ができます。

資源エネルギー庁の調べでは、すでに500万件以上が電力会社を切り替えています

電気代も必ずかかる費用なので可能な限り、ストレスなく安く抑えたいですよね。実際、電力会社を見直して平均で年間1万円〜3万円ほど節約できた方は沢山いるみたいです。

現在、電力自由化に伴いたくさんの新電力会社があり、安い電気料金を設定している所を見つけるだけでも大変です。

一括見積もりができるサイト電気料金の検針票(電気使用量のお知らせ)さえあれば、入力も簡単にでき最短2分で一番安い電力会社を提示してくれます。

インズウェブから申し込むと面倒な解約の手続きも新しい電力会社がやってくれます。

もう一つ嬉しいのがキャンペーンをしている電力会社がありキャッシュバックやアマゾンギフト券などをプレゼントしていてお得な事ばかりです。

Web上で全て、できますので節約可能かどうか調べてみるのも良いかもしれませんね。

一括見積もりサイト

「停電や災害時はどうなるの?」と心配される方がいらっしゃいますが大手電力会社と同じ送電線を使用しており電気も同じものなので新電力会社だけが停電するなんて事はありえません。

 

オススメの記事

フリーマーケットのメルカリのアプリで「メルペイ」の登録で無料で最大3000円分のポイントをゲット!

詳細ページ

 

公務員でも毎日の積み重ねで手軽にコツコツ収入が増やせる方法と資産運用について解説。知っていると知らないとでは将来的に大きな違いに!

詳細ページ