公務員体験談

【公務員体験談】嫌いな上司から異動ができなかった事例〜休職を経験するも・・

【公務員体験談】嫌いな上司から異動ができなかった事例〜休職を経験するも・・

今回は県庁で働くYさん(女性)の上司からのストレスで休職(病気休暇)となった事例についてご紹介していきます。

Yさんは元自衛隊出身で、県庁でも重要な部署である財政課で働いていました。

しかしながら、上司のストレスか休職(病気休暇)し、その後復帰するも同じ職場環境で仕事することから再度休職するという残念な結果(他の部署へ異動ができなかった)となりました。

どうして、このような結果となってしまったのか組織は機能しなかったのか、実際の寄せられた体験談についてご紹介していきます。

県庁の財政課で働いていたYさんが休職した事例について

今回はYさんと同じ部署で働いていた同僚の方にYさんのお話をお聞きしました。

ダイスケ
ダイスケ
今回はよろしくお願いします。
男性
男性
よろしくお願いします。

私が以前財政課で勤務した時に、同じ班で働いていたYさんという女性の方のことになります。

ダイスケ
ダイスケ
財政課というと県庁でも非常に重要な部署ですね。
男性
男性
そうですね。

Yさんは以前自衛隊でも働いた経験もあるタフな女性でした。

しかしながら同じ班の班長の指導方針が合わず、ストレスから休職することになりました。

ダイスケ
ダイスケ
非常に残念な話です。。

実際にどのようなことからストレスを感じでそのようになったのでしょうか。

上司との書類のやり取りでストレスを感じていた。

男性
男性
Yさんは日頃は日常的に活発的な女性でした。

しかしながら同じ班の班長は非常に厳しいと有名な方で、日頃から書類のやり取りでストレスを感じていたのです。 もちろん私も同じようにストレスを感じていました。

ダイスケ
ダイスケ
具体的にどのようなことだったのでしょうか。
男性
男性
通常公務員の職場は、仕事を進める場合に書類を作成し、同僚、上司の印鑑をもらう必要があります。

班長は非常に細かい性格で、ほとんどの項目について法律の根拠など自分が納得いかないと印鑑を押さない性格で、度々そのことで仕事が滞り残業することもしばしばでした。

ダイスケ
ダイスケ
なるほど。実は私も経験があります。

書類の指摘が多すぎると自信を無くしたり、仕事のモチベーションが下がった経験があります。

男性
男性
当然彼女も指摘が多く、一つの書類でもなんども指摘があり、その都度法律の根拠などを調べ、一つ一つの仕事に時間がかかり思うように仕事が進んでいない状況でした。

そしてある日から突然仕事に来なくなりました。

ダイスケ
ダイスケ
なるほど。。。 そのような事例は少なくなく公務員の職場ではよくあることだと思います。

その班長はちゃんと部下のストレスやスムーズに仕事が進むように配慮すべきだったのでしはないでしょうか。

自分が納得いかないだけ優先する場合そのようなことになることが往々にしてあると思います。

復帰後に隣の班に移動するも。。。さらなる悲劇が

ダイスケ
ダイスケ
Yさんが休んでその後は復帰したのでしょうか?
男性
男性
はい、復帰後は隣の班に異動になりました。

しかし、その次の年度(4月)に、その班長が彼女のいる班に異動になったのです。。。

ダイスケ
ダイスケ
え! なんでまた!!

彼女がその班長にストレスを感じているからこそ、隣の班に異動したのに、それでは意味が無いですよね。

男性
男性
そうだと思いました。

彼女は隣の班に移って順調に仕事に復帰していたのに、再度ストレスを受けていた班長が同じ班に異動になってしまい、彼女はまた次第に仕事に来なくなり、休職することになりました。

ダイスケ
ダイスケ
まさか。。。。

本当におかしな話だと思います。

男性
男性
私もそう思いました。

班長が隣の班に異動になったことで、逆に私はストレスから解放されました。また同じ年も同じ班長だったら、私もどうなっていたことか。

該当の班長は昇進をして異動していった。

ダイスケ
ダイスケ
その後どうなったのでしょうか?
男性
男性
その後彼女は3月まで来ることがなく、4月からその班長は他の部署へ異動しました。

しかも昇進をして。 

もともと優秀なエリートという感じで出世街道にのっていた人です

ダイスケ
ダイスケ
部下が休んで組織に被害を与えたのに、昇進して異動していくなんて。

彼女は精神的に病気になって人生を狂わせられたのに。。。なぜこのようなことになるのか。。

男性
男性
。。。。。

今回の件で思うこと。

今回の件では、Yさんが上司のストレスから休職し、復帰後は他の班に異動するも次の異動でその班長が同じ班に異動をしてくるということが大きな問題になっていると思います。

彼女がなぜ休んだのか、上司のストレスがあったことは他の上司はわからなかったのか非常に疑問が残ることになっています。

アユ
アユ
うつ病で病んだ職員の中には、産業医の面談などでストレスを受けた上司のことを相談できずにいる人もいるようなの。

本当に残念な話だわ。 

ダイスケ
ダイスケ
本当にそうですね。 残念ながら現在の公務員の職場でもこのようなことを度々聞くことがあります。

ですが、出世するだけが人生ではありません。 このようなきっかけがあったからこそ自分の人生をより価値があるために生きるという行動に移すこともできるのではないでしょうか。

出世に乗り遅れた公務員がすべきこととは、ズバリ自己投資。
出世に乗り遅れた公務員がすべきことは自己投資で人生を向上させる事安定をした公務員でも、運が悪く上司のパワハラを受けて休職(病気休暇)したり、上司と馬が合わず一生懸命仕事を頑張っても出世しない、なかなか...

 

オススメの記事

フリーマーケットのメルカリのアプリで「メルペイ」の登録で無料で最大3000円分のポイントをゲット!

詳細ページ

 

公務員でも毎日の積み重ねで手軽にコツコツ収入が増やせる方法と資産運用について解説。知っていると知らないとでは将来的に大きな違いに!

詳細ページ